男子高校生ギークの枕中記

ギーク/オタクの男子高校生のブログです。趣味は映画鑑賞。

『スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』、悪い夢でも見たんじゃないかな?

好候。です。12月15日金曜日、品川IMAX2D、18時からの回で観て参りました。

 

!!!!!!ネタバレ注意!!!!!!

 

 まだ1回しか観れてないので、うまく飲み込めてなかったり、シーンが間違って記憶していたり、すると思いますが、ご容赦ください。

 

あらすじ!

前作で正義のレジスタンスは、悪のファースト・オーダーに勝利を納める。主人公レイ(デイジー・リドリー)はその後、ジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)のもとを訪ねた。

しかし、レジスタンス基地にファースト・オーダーが襲来。レジスタンスは基地を捨てるが、戦闘にもつれこみ、レジスタンスの軍勢は激減。逃走劇が始まる。一方、ルークは、戦争に関わる気はないこと、レイに教えを受けさせる気はないことを明かす....。

 

こんな感じで始まります。時系列的にはエピソード7の直後です。

なので、定番のオープニングロールの、「内容が無いよう!」状態には笑っちゃいました。

衝撃の一文が!

無い…

衝撃の一文が!

無い…

衝撃の一文が!

無かった…

っていう感じです、本当に。

 

まあ、そんな感じで本編が始まっていく訳ですけども、観た直後の作品全体の評価は

悪い夢でも観たんじゃないか…?

 

本気でそう思いましたね。まず最初に、鑑賞中にノイズに感じたのが、

「次々に挟み込まれるギャグ」。

あれはもう、絶望的でしたね。冒頭の「ハグス将軍」はまだ、まだ、「おぉ、初っ端から」程度(推しのポー贔屓も含め)だったんですけど、

惑星オクトーでルークがギャグっぽくライトセーバー投げ捨てる所からは(早い)、本当に腹が立ちましたよ。普通に捨てろよ、EP6の謁見室でしたように。笑わせようとすんな。

というか、フォースが覚醒して戸惑いもあるレイが、最後のジェダイ・ルークに教えを請うという大真面目な舞台で、ギャグをどんどんカマしていくんですよ。

「で、どういう気持ちで観ればいいの?」という気持ちにならざるを得ない。なので、惑星オクトーの冒頭から、物語に惹き込まれることが困難になりました。

あと、一番いやーなギャグが、ウォーカーの攻撃を受けたあとのルークが肩をコミカルに払う所。

めちゃくちゃカッコよくてアガるシーン、最上質な「かっこつけ」のシーンで笑わせようとしてくるの、

マジでやめてほしい。この傾向にあるMCUでも言えることなんだけど、目障りでしかないんだよ、ああいうの。

 

次、主にホルド提督に見られる、レジスタンス側エピソードのダメっぷり。

「ポーの無鉄砲と、それを良く思わないレイア」はよく描いてくれたと思うんですけど、

ホルド提督、ダメでしょうに…

まあこれは単純で、ホルド提督が気に食わないんですよ。知らんO.B.A.S.A.N.がレジスタンスのトップの座にふんぞり返ってる、あの憎たらしさ。で、そのまま「嫌な奴として描かれる」訳でなく、ドヤ顔で「私、思考を巡らせてますでしょ?」みたいなアレ。いくら”衝撃”をうたっているとはいえ、素振り無くあんな事やられて、それでハイパースペース特攻見せられたって、「死んでよかった〜。なんだったんだコイツ。」になりますよ。

結果、結果ね。レジスタンスは少しでも生き残りましたけど、なんだかなあ。議員みたいな格好で提督してますからね。こっちも困っちゃう。

 

もう一つ、レジスタンスの困ったものは、フィンとローズの、カントバイトでの一連のシーン。

これは最大の「悪い夢」ポイントですよ。「僕は今、スター・ウォーズを観ているのか…?」と何回も心の中で唱えてました。

「確かな腕の暗号破り」を見つける任務で、つまらない旅をした挙げ句、ミスで牢獄行きになり、そこで会った男を雇い、ファジアーとかいうクリーチャーに2人が乗って、カントバイトをめちゃくちゃにする。で、ローズが満面の笑み。わっけわっかんねえのなんの。登場する種族のデザインもクリーチャーも魅力的に思えず、一番ぶっとんでるシーンじゃないですかね。

 

なんか、2日以上この作品のこと考えてきたし、文章にできるだろ。とか思ってましたけど、難しいなあ。レイの出自とか、ラストの少年とか、フォースの使い方とか、いろいろ言いたいことあるんですが、もうやめにして、良かった点を挙げていきます。

  • ブーステッドXウィングのポー・ダメロン
  • ポーの無鉄砲さ、犠牲を軽んじる姿勢に関しての掘り下げ
  • 覚醒したレイの危うさ
  • カイロ・レンの挙動、未だなお幼さを残し、親殺しをしていく。
  • クールなプレトリアン・ガード、それらを相手にして共闘するレイとレンの「よっしゃー!」感。
  • ルークのセーバーコンバットのスタイル。
  • ジェダイの古書を燃やすヨーダ
  • 戦争の蜜をすする武器商人の存在の提示
  • R2がルークに見せた、EP4のホログラム。
  • シディアスについて言及。
  • 水が表現するフォース。

 

思いつくのは、こんなもんですね。

 

あと個人的に、ラストの少年問題なんですけど、僕個人のスター・ウォーズ観に通ずる話なので、「最後のジェダイで確信した、僕のSW観」みたいな記事を後日書こうと思います。

 

スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』★★☆☆(2/4)12月17日現在

 

以上、好候。でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』公開前夜大予想

好候。です。

 

明日に『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』の公開を控えています。18時ちょうどからの品川のIMAX。楽しみです。

 

ですがね、今、一足お先に観てる人たちもいると考えるとね、悶々とするわけですよ。そう、先行上映。僕はチケット争奪戦で負けてしまいました。

 

うーん、なんでこんな上映をしたんでしょうかねー....

「獲れなかった妬みだろ!」って言われたらそりゃそうだが余計なお世話だバカヤロー

 

Twitter見てると、明日公開のはずなのに、チケット争奪戦を協力し合ってチケットを獲ったSW者たちは「今日でようやくSWが観れる!」って....なんか格差というか、盛り上がるのに時差が生まれてるんですよねー。悪いことじゃないのわかってますし、僕の器みたいのが小さすぎるんだろっていう問題ですが。

 

まあね、楽しみですよ。楽しみ。SW公開前は気を病むような状態に陥りますからね。SWハイ期は通り越してSWメンヘラ期の最中なんですよわかってください!

 

じゃあ、公開前の予想しときますか。公開後に「こいつ真面目に言ってんのかー!?」っていう。

 

レイはヴェイダーがパドメの生命を取り戻そうとした時に生まれたフォースによる子供。つまり、(父)親がいない、”選ばれし者”と似た過去をもつ。

ヴェイダー期と誕生のタイムラグが生まれた理由は、レイはフォースの均衡の変動によって誕生したから。

 

ポー・ダメロン、レジスタンスを去る。

ポーの衣装の変化

  • 黒いジャケット→ダークサイド
  • Ep5ハン・ソロに似たシャツ→何か大きな事件

これですよ。レジスタンスのエース・パイロットであるポー・ダメロンに惚れた男としては、これは大問題。BB-8と共に新共和国に寝返り返してしまうとか。

特報のブラック・ワン爆破は、レジスタンスがポーの逃走を阻止するため.....とかね。

 

"I love you." "I know."のオマージュ

 

せいぜい想像するのはこれくらいですかね。あとは観りゃあいいです。

 

では、May the Force Be With You. 好候でした。

 

 

 

テスト前。

好候。です。テスト前、です。

 

テスト前、提出物を、課題を、進めています。(遅い)

とても、つらい、です。

こんなふざけた文体じゃ、どうかしたんじゃないかと心配させますね、すいません。

もっとつらつらダラダラと書かないと僕らしく(?)ないんでね、はい。

まあ毎回毎回こうなんですけど、課題終わらないんですね。

ちょっとこれは良くない風習なんですがねー。終わらないんですね。

 

話かわるっていうか、この話しにきたんですけど、本当に前から思ってたんですけどまじで、僕、一回精神的な方のお医者さんにかかったほうがいいんじゃないかっていう。

中学時代からたまーになんか「僕、もしかして」が頭を過る機があったんですけど、いい友達に囲まれちゃって、馬鹿みたいに過ごしてたんですけど、

 

高校になって友達つくれず(笑)、今、一人だけ仲良くしてくれる友人いますからいいんですけど、まあ、とはいえ中学時代とは違った環境でそれなりに思うものもあって、「僕、もしかして」的考えが、うん、やっぱりもしかしてなんじゃないかなーっていう。

 

まあ本当に、確証根拠皆無のほとんど妄想よりの駄話ぼやきで、以上。

 

 

 

いろいろ。

好候。です。近況いろいろ。

 

最近観た映画は、『ブレードランナー 2049』(★★☆☆2/4)、『ジャスティス・リーグ』(★★★☆3/4)くらいです。他にレンタルで『ハードコア ヘンリー』(★★★☆3/4)を観たりしてますね。

 

Netflixでは、ヒップホップ文化黎明期のNYを描いた『ゲットダウン』とか、性格難あり中年ハリウッド俳優(馬)が主人公のアニメーション『ボージャック・ホースマン』を観たりしてました。

 

あと、RHYMESTERの追加公演、恵比寿LIQUIDROOMのライブのチケット買ったり。年明けなんですけど、楽しみです。

 

こんな感じですかね。頑張っていきます。

 

以上。

 

【ネタバレ】『ソー:ラグナロク』こと『マイティ・ソー/バトルロイヤル』乱雑な感想

好候。です。ソー:ラグナロクの感想を書いていきます。ぱぱっと書きたいのでとっちらかります。あとネタバレします。

 

僕がこの作品でめっちゃいいじゃん!ってなったのは

「『移民の歌』」と「誰がラグナロクを始めたか」

 

全体としてはうん、今年のMCUの中ではトップクラスだぞという感じ。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2にそこまでノレなかったのでこういう感じ。

あと久々にMCU映画でずっと笑ってた気がする。ガーディアンズも笑えるっちゃ笑えるけどちょっとガン監督と笑いの相性が合わないのか声出して笑わなかったね。声出し笑いっぱなし

MCUは『アントマン』以来じゃないかな。あれのユーモアも好き。

 

冒頭はソー対多数のアクションが最高でした。あれ結構良かったね。地球での対多数のアクション(アベンジャーズシリーズ)は人命救助のためだったから、あのボッコボコ何もお構いなしのファイティングは新鮮。あとの展開のこともあり、ムジョルニアを思う存分使うアクション、いいね。あれはこれまでのソーのアクションシーンの中でもめちゃくちゃベストバトル級でしょう。

 

ロキ登場シーンも良かったね。お、おまえー!ていう

 

あとMCU新参のドクター・ストレンジさん。貫禄溢れすぎていいキャラしてましたね。単体作の主人公よりもなんか、こういうポジションでめちゃくちゃ映えると思うんだよね、彼....。魔術?まじ?てか誰このおっさん?うわっ魔法すげえ!っていう。

オーディン親子が北欧、ノルウェーでしたっけ?で会うのが最高でした。

 

惑星サカール、なんかめちゃくちゃいい世界観作ったなあっていう感じ。「なんだこれ、新しい!」って感じじゃないんだけど、クラシックなスペースオペラ感、今までになかった感じはなんか形容できないなあ難しい。

闘技場のシーンは色々最高でしたね。ソー対ハルクは最高でしたね。最高でしたね。あと岩男とハサミ野郎最高でしたね。この辺から語彙力無くなっていきます。

 

あとそう、ヴァルキリー!あいつもいいキャラしてるじゃないですか。パズドラとかああいうゲーム系のヴァルキリーのイメージとは真逆のあの感じ。酒呑みでずっとすげえイカした表情してるの最高。

 

ヘイムダルもいいキャラになってるじゃないですか!放浪の勇者的あの感じ。主人公より先に行動を始め、遅れてきた主人公一向に救われるという、めちゃ美味しいキャラでしたし何よりも剣捌きが最高。

 

なんか、みんないいキャラしてるんすよね。ロキも「こいつ仕方がねえなあ!」の域に比較的上手く入りつつありますし、ハルクも言語能力高くなってさらにバカさが露呈して、ソーは天真爛漫ないい王子様、ここまでくるとMCUはやっぱりキャラクター映画なんですよね。それを外さずにやってるんで偉いです。

 

それとクライマックス、「移民の歌」が思ったよりド直球な、かかり方してビビりましたけどね。移民だぁああああああああああああ〜〜あ〜〜みたいなそれに合わせたアズガルド決戦は熱かった....。

 

あと何よりも、結果的に「ロキがラグナロクを始めた」ってとこですよ。ちゃんと北欧神話にのっとって!!!!!うおおおおおお!!!!!っていう。なかなか熱かったですね。

ど直球にオーディン親子を北欧に連れて行ったりロキがラグナロク始めたり、ちゃんとしてるんだなあってところありますね。

 

うん、こんな感じです。

『ソー:ラグナロク』★★★☆(3/4)

 

 

『アトミック・ブロンド』エロスとヴァイオレンスの映画

好候。です。『アトミック・ブロンド』観てきました。宇多丸さんの評聞いたあとなんでちょっと、ね。ごめんね!「信者」で!ごめんね!

 

 冷戦終期、ベルリンに赴くことになったイギリスMI6のスパイ、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)。目的は、ヤバい最高機密リスト。これが誰かの手に渡れば全世界のスパイがヤバい!そんなこんなでリスト目当てにヨーロッパあたりのスパイがベルリンに集まってきた!同じくイギリスMI6の一員、デヴィット・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)!フランスDGCEの子猫ちゃん、デルフィーヌ(ソフィア・ブテラ)!それにKGBとCIAも!

 果たして、ロレーンはベルリン スパイ大戦を生き延び、リストを手に入れることができるのか!

 

 こんな感じのスパイアクション映画です。なんか1割がアルファベット、4割はカタカナのコードネームとかなんじゃないかってくらいの台詞で、スパイが欺き、暴き、また欺くって感じで進んでいくストーリーはちょっと難しいというか頭がクラクラしてきます。この「うわー!わっかんねー!」という感覚を楽しめるとこの映画はめちゃくちゃ面白いでしょうね。僕はちょっとストーリーを受け取ろうと構え過ぎました(笑)

 まあそんなんで「ストーリーが複雑すぎて全体としてもイマイチだなー」なんて思ってましたが、文章にしていくと、ん?最高じゃね?みたいなのが出てきました。そんな雑感が以下。

 

 とりあえず褒めたいのは目玉のアクション。流石の『ジョン・ウィック』チーム。血みどろで、血みどろで男どもの相手をするロレーン姐さん。ね、姐さぁん!

 ドーパミン溢れまくりで「姐さぁん!」って心の中で叫んじゃいますよ。流石の『ジョン・ウィック』チーム。姐さんの一つ一つの動きは現実味がありつつも、それが二つ三つと組み合わさっていき、アホみたいなケレン味、ファンタジー感に昇華されていく気持ち良さ!姐さぁん!

 闘い方に関しては『イコライザー』的なその場の物、道具で対処するという手法が多めでした。ただ、全く別のアクションに仕上がってますけどね。どっちもいい。

 

 それと、スパイってこともあってかアクションの目的は「逃走」だったりします。『ジョン・ウィック』はちょっと「オレ、オマエ、コロス。」という無我夢中的スピード感がありますが、『アトミック・ブロンド』は「どう対処するどう逃げるなんであいつらが来たさあどうする!?」みたいなものが終始つきまとってくるのでスリリングなスピード感があります。どっちもいい。

 

 あとなんと言っても、終盤のワンカットアクションが最高ですね。このシーンのスリリングなスピード感は2017年の中で最高なんじゃないですかね。ほんとに、シャーリーズ・セロン演じるロレーンの美しい身体が時間の経過と共に血まみれボロボロ疲労困憊の状態、まあ言うならばウツクシイ身体(?)。このシーンは、ロレーンがウツクシイ身体になっていく過程を、ノーカット!ノーカットで観ていくという、なんだこれ!なんだこれ!ですよ。

 

 まあこれまでがヴァイオレンスの面。次はエロスの面ね。シャーリーズ・セロンのエロス。エロティックが過ぎますよシャーリーズ・セロン

 けど、あの、あまり言いたくないんですね、「ああ!こんな!こんな!姐さぁん!」みたいな卑しい愉しみも残したいんでね。まあ言ってもいいでしょう。噂になってたでしょう。、一番の姐さぁん!はやっぱりあれですよ。

 

「ん?フランスの子猫ちゃんなら抱いたよ」(劇中の台詞でない)

ね、姐さぁん!

 


f:id:BlueHarvest1138:20171104205635j:image

左:主人公ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)

右:デルフィーヌ(ソフィア・ブテラ)

 

 いいシーンでしたね。あの二人のシーンは。熱いキスから始まってベッドの上で、子猫ちゃんの下着をグッて掴んで若干食い込み気味で「あっあっ、姐さぁん!」って、で、重なる2人の美女、というのが。

 「ベルリンの迷子の子猫を抱いてやったぜ。」っていうロレーンとメロメロ子猫ちゃんの事後とか最高でしたね。なんかもう、高校生なのに1000円で凄く良いものを観た気がする。高校生で1000円なのに。

 あと、その報告を聞いた上司の表情がちょっと笑えてしまうのがいいですよね。あんたベルリンで何してんの?っていう。

 

 他にも、かわいい部屋着のロレーン姐さんとか、は?キレイ過ぎるみたいなドレスアップ姐さんとか、ウツクシイ身体の姐さんが氷風呂キメるとか色々ありましたね。劇場でチェックしてください

 

なんか最終的にシコマル男子高校生的感想になっていきましたね。ごめんなさいね。お下劣で。そんなこんなで良い映画でした。アクションの新天地切り開いていく、良い映画でした。

 

 ロレーン姐さん!抱いてくれ!

 

....以上。

 

アトミック・ブロンド』★★★☆(3/4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の思い。カバン、重い。

好候。です。オモッ!

 

はい。バリバリ現役男子高校生a.k.a.450(しこまる、男子高校生の意。RHYMESTER宇多丸冠番組で命名。)な僕ですが。一つ、悩みがあってですね。

 

かばんくそおもいんじゃああああ!!!!!

 

はい、来ました。2017年のナウでヤングな人たちの悩み、

 

「鞄、クソ重いんじゃああああ!!!!!」問題。

 

もう痺れを切らしました。重い。重すぎる。アフリカの貧しい子供たちもそりゃ大変でしょうけど、こっちも大変なんですって。

 

あんたらは言うだろうよ、O.K.I.B.E.N.、置き勉しろよって!

学校側も黙認してますよ、置き勉。

けど!(こういうところだけ)馬鹿真面目且つ心配性だから持って帰っちゃうのよ!持って帰りたいのよ!

 

定期試験が近くなると、当日は授業が無い教科の教材持っていったり、で、そのリュックのまま図書館まで行ったり。で21時とかに家にトボトボ帰っていってる。

 

まだね、移動距離短い方なんでしょうけども?もっと学校まで長い時間鞄を背負ってる人いるでしょうけど?まあ長くて合計1時間半くらい背負ってても、めちゃんこきついんですよ!

帰宅したら肩の感覚わけわからんくなってますよ!万歳するとふわーってなんだこれって!疲れるっつーの!

 

しかも重い上にかさばるから、BOOK OFFとかヴィレヴァンとかオモチャ屋さんとかの通路が狭い店内を眺め回すことも気が引けるんですよ。はー、もう嫌。

 

まあ、解決策として「教科書を使うページだけ切り取る」っていうのもあるんですけど、

心配性の僕にはもうどのページが使いうるかはっきりわからなくて参ってます。もういや〜。

 

あと、この策を「六法全書切り取り使いマン法学部マン」の経歴を持つ父に相談したら、「(教科書を見て)これは薄いわ。このまま。持ってき。」って。

そこのお前!C.H.I.R.I.T.S.U.M.O.って言葉知ってっか!

 

コピーするって案も出たけど、面倒だよね^_^;

 

あとはこの件に関する学校への愚痴かな。

 

早く僕のオンボロ学校は学習システムだけでも新しくして電子化を認めてくれ。保健の授業で電子辞書で『メタボリックシンドローム』を調べてた生徒が電子辞書取り上げられるとはどういうことだ。

 

まあ確かに、端末機器が生徒の手元にあったら授業以外のことしてるかと疑う/実際にしているだろうけども。それは今もあることだよ。何人かはあなたの死角でスマホ弄ってるよ。寝てるよ。落書きしてるよ。違う教科の課題やってるよ。

 

でも、スマホ弄ってないやつもいんだよ。一つタブレット持っててもそれは変わんねえだろ。授業に集中するだろうが。液晶パネルの上でタッチペン走らせてノートとるだろうが。話に耳を傾けるだろうが。

 

何もタダでタブレット端末くれって言ってんじゃないんだよ。電子化許可されたら、パパママおじじおばばから貰ったおこづかいおとしだま使って電子ノート(インターネット接続不可)でも買うから。なあ。

 

そういう感じで、以上。