男子高校生ギークの枕中記

ギーク/オタクの男子高校生のブログです。趣味は映画鑑賞。

『イコライザー』DIYで殺人だ!!!!!!

好候。士郎です。初の映画記事は『イコライザー』です。

 

 主人公(デンゼル・ワシントン)は元CIA工作員。引退後は平穏な日常を過ごしていた。しかし、友達の女の子(クロエ・グレース・モレッツ)が悪い奴らによって病院送りに。主人公は悪い奴らのボスを殺すため殺人マシーンと化し、悪い奴らに更正の機会を与えながらも大抵はストイックに殺しまくっていく。

 

 こんな映画です。いわゆる「ナーメテーター」と呼ばれるジャンル映画。カットやキャラクター、演出などはスマートで、お洒落み すら漂っています。ところが、主人公(デンゼル・ワシントン)の殺しがヤバい。銃は使わず、素手かその場にあるもので悪い奴らをぶち殺していっちゃう。しかも真顔で。ストップウォッチでタイムトライアルしながら。ヤバい奴ですよ。この差で「あ....これはナメてた。」ってなりましたね。ナーメテーター映画最高の仕掛け。

 

 主人公の職場、ホームセンターでの最終決戦は、スマートさ と ヤバさ が同時に襲いかかってきて、 エモさ が爆誕します。「悪い奴らを一斉清掃!ワクワク!人体DIY!」みたいな感じです。元CIA工作員が殺人トラップを工作しちゃってます。もう、「現役DIY工作員」って言う謎の職業です。銃なんぞ使わねえってレベルなんで、趣味っていうか病気の域。そして爆発を起こして消火スプリンクラーが作動。屋内ながらも雨のようになります。

 

『雨の中復讐を果たす男』

 

.........5億点でしょうが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ひたすらスマートさとヤバさから、正義を胸に復讐する主人公の渋さカッコよさを描いた映画だと思います。

 

イコライザー』★★★☆(3/4)