男子高校生の枕中記

カルチャーに触れる男子高校生のブログです。映画とか、内面とか。

『スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』、悪い夢でも見たんじゃないかな?

好候。です。12月15日金曜日、品川IMAX2D、18時からの回で観て参りました。

 

!!!!!!ネタバレ注意!!!!!!

 

 まだ1回しか観れてないので、うまく飲み込めてなかったり、シーンが間違って記憶していたり、すると思いますが、ご容赦ください。

 

あらすじ!

前作で正義のレジスタンスは、悪のファースト・オーダーに勝利を納める。主人公レイ(デイジー・リドリー)はその後、ジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)のもとを訪ねた。

その頃、レジスタンス基地にファースト・オーダーが襲来。レジスタンスは基地を捨てるが、戦闘にもつれこみ、レジスタンスの軍勢は激減。逃走劇が始まる。一方、ルークは、戦争に関わる気はないこと、レイに教えを受けさせる気はないことを明かす....。

 

こんな感じで始まります。時系列的にはエピソード7の直後です。

なので、定番のオープニングロールの、「内容が無いよう!」状態には笑っちゃいました。

衝撃の一文が!

無い…

衝撃の一文が!

無い…

衝撃の一文が!

無かった…

っていう感じです、本当に。

 

まあ、そんな感じで本編が始まっていく訳ですけども、観た直後の作品全体の評価は

悪い夢でも観たんじゃないか…?

 

本気でそう思いましたね。まず最初に、鑑賞中にノイズに感じたのが、

「次々に挟み込まれるギャグ」。

あれはもう、絶望的でしたね。冒頭の「ハグス将軍」はまだ、まだ、「おぉ、初っ端から」程度(推しのポー贔屓も含め)だったんですけど、

惑星オクトーでルークがギャグっぽくライトセーバー投げ捨てる所からは(早い)、本当に腹が立ちましたよ。普通に捨てろよ、EP6の謁見室でしたように。笑わせようとすんな。

というか、フォースが覚醒して戸惑いもあるレイが、最後のジェダイ・ルークに教えを請うという大真面目な舞台で、ギャグをどんどんカマしていくんですよ。

「で、どういう気持ちで観ればいいの?」という気持ちにならざるを得ない。なので、惑星オクトーの冒頭から、物語に惹き込まれることが困難になりました。

あと、一番いやーなギャグが、ウォーカーの攻撃を受けたあとのルークが肩をコミカルに払う所。

めちゃくちゃカッコよくてアガるシーン、最上質な「かっこつけ」のシーンで笑わせようとしてくるの、

マジでやめてほしい。この傾向にあるMCUでも言えることなんだけど、目障りでしかないんだよ、ああいうの。

 

次、主にホルド提督に見られる、レジスタンス側エピソードのダメっぷり。

「ポーの無鉄砲と、それを良く思わないレイア」はよく描いてくれたと思うんですけど、

ホルド提督、ダメでしょうに…

まあこれは単純で、ホルド提督が気に食わないんですよ。知らんO.B.A.S.A.N.がレジスタンスのトップの座にふんぞり返ってる、あの憎たらしさ。で、そのまま「嫌な奴として描かれる」訳でなく、ドヤ顔で「私、思考を巡らせてますでしょ?」みたいなアレ。いくら”衝撃”をうたっているとはいえ、素振り無くあんな事やられて、それでハイパースペース特攻見せられたって、「死んでよかった〜。なんだったんだコイツ。」になりますよ。

結果、結果ね。レジスタンスは少しでも生き残りましたけど、なんだかなあ。議員みたいな格好で提督してますからね。こっちも困っちゃう。

 

もう一つ、レジスタンスの困ったものは、フィンとローズの、カントバイトでの一連のシーン。

これは最大の「悪い夢」ポイントですよ。「僕は今、スター・ウォーズを観ているのか…?」と何回も心の中で唱えてました。

「確かな腕の暗号破り」を見つける任務で、つまらない旅をした挙げ句、ミスで牢獄行きになり、そこで会った男を雇い、ファジアーとかいうクリーチャーに2人が乗って、カントバイトをめちゃくちゃにする。で、ローズが満面の笑み。わっけわっかんねえのなんの。登場する種族のデザインもクリーチャーも魅力的に思えず、一番ぶっとんでるシーンじゃないですかね。

 

なんか、2日以上この作品のこと考えてきたし、文章にできるだろ。とか思ってましたけど、難しいなあ。レイの出自とか、ラストの少年とか、フォースの使い方とか、いろいろ言いたいことあるんですが、もうやめにして、良かった点を挙げていきます。

  • ブーステッドXウィングのポー・ダメロン
  • ポーの無鉄砲さ、犠牲を軽んじる姿勢に関しての掘り下げ
  • 覚醒したレイの危うさ
  • カイロ・レンの挙動、未だなお幼さを残し、親殺しをしていく。
  • クールなプレトリアン・ガード、それらを相手にして共闘するレイとレンの「よっしゃー!」感。
  • ルークのセーバーコンバットのスタイル。
  • ジェダイの古書を燃やすヨーダ
  • 戦争の蜜をすする武器商人の存在の提示
  • R2がルークに見せた、EP4のホログラム。
  • シディアスについて言及。
  • 水が表現するフォース。

 

思いつくのは、こんなもんですね。

 

あと個人的に、ラストの少年問題なんですけど、僕個人のスター・ウォーズ観に通ずる話なので、「最後のジェダイで確信した、僕のSW観」みたいな記事を後日書こうと思います。

 

スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』★★☆☆(2/4)12月17日時点

 

以上、好候。でした。

 

追記:12月18日 ドルビーアトモス2D字幕

1回目とは比べものにならない程の出来に思えた。ノイズを承知で観ると、作品のテーマをきちんと受け取れたように思えるが、最後の少年は、ダメです。許しません。

★★★☆(3/4)12月22日時点